だらだらやるスパンが惜しい。これはどうにかならない物品か。とくに自家発電に引っ張るスパンがボクは以上に長い。1スパンから2スパンぐらいやる。もしこういうスパンを勉強についやしていたら、きっとボクは東大の医学部に上出来してハーバードに留学していたことはゆるぎない真実です。ていうか近年意見を変えた。こういうだらだらやる時間はどうしようも乏しいのだ。だからほかのスパンを押さえ付けるか、自家発電できない事態で作業するしか薄いのだ。そういうわけで電源プラグつきのカフェで作業していらっしゃる。思えば高校生の頃もそうだった。学校の自習室にいくまでは全然記録が上がらなかった。中学生のあたりは学校でも近辺がいたからパワーが途切れたから、高校生の頃はオールなれ合うことをやめた。高校生では家で勉強することはオールしなかった。根こそぎ内職か自習室。そしたら偏差甲斐は一気に20も上がった。どれだけボクが自家発電でスパンを無駄にしているかが知るな。ほんとに無駄なスパンすぎる。もっと有効なことに使えていたら・・・はい、そう思って頑張ろう。http://www.211tompkins.net/